クレジットカードの審査で大切なこと

クレジットカードには審査があります。
申し込んでもそれに通らなければ使えないのです。
お金の貸し借りに関係したものですから、基本的には申し込んできた人のことをよく調べて、本当に信用できそうな人にしか提供しないのは無理もないことなのです。

ですからクレジットカードの審査も、決して簡単ではないのです。
ただし、だからといって審査に通るのは非常に難しい、とまでは言えません。
なぜならカード会社だって商売でカードを発行するのですから、一人でも多くの人にカードを所有してもらって顧客を増やしたいのが本音です。
しかし、いい加減な審査をして問題のある人にまでカードを発行したら、金融事故が増えてしまい商売あがったりになってしまうのは間違いありません。ですから審査は厳正に行うのです。
いずれにしてもカード会社もローン会社も、審査は、落としたくて落としているわけではありません。
何か問題がある人は、審査に通してあげたくても通せないのです。

クレジットカードの審査で落ちてしまう原因の1番多いのが申し込み用紙の記入漏れ、記入ミスで審査に落ちてしまう方が一番多いようですよ。
しっかり記入ができない、中置半端だと返済も中途半端になってしまう可能性があるからと考えられます。
そして申し込みをする場合は嘘偽りなく正直に記入することが大切です。
クレジットカード会社は信用機関とつながっていますので嘘を書いた所ですぐバレてしまいます。
それこそ信用問題になるのできちんと記入してください。
基本的にはどこのクレジットカード会社も審査する内容は同じです。
クレジット会社の審査基準として重要なのが安定的な収入と勤続年数、そして居住年数なのです。
どの項目に重きを置いているかはクレジットカード会社によっても異なります。
そしてそれぞれの項目に最低ラインというものが存在しています。
その最低ラインをクリアできなかった場合、例えば収入が高くても勤続年数が少ない、安定的でない等。
ほかのラインがクリアしていても審査を通過することはできないない可能性があります。
なので最近転職したばかり、引っ越したばかりの方は少し時間をおいて申し込んでみることをオススメします。
また支払いなど延滞した過去があったりする場合も遅れがなくきっちり支払いながら時間をおいてからの方が無難かと思います。
>>ブラックの人でも作れるクレジットカード

最近はクレジットカードの年会費は有料の方が普通であった時期から比べると年会費が無料のカードがずいぶんと増えてきました。
年会費が有料である場合と無料である場合と比べるとサービスに格差をつけていることが多いようです。
どちらのクレジットカードを選ぶかという観点から比べると年会費が有料のクレジットカードが年会費が無料のクレジットカードよりもどのくらいメリットがあるかで決まってきます。
クレジットカードを利用する人が年会費以上のメリットがあれば年会費が有料のクレジットカードを選べばいいし、年会費以上のメリットを感じられなければ年会費が無料のクレジットカードにすればいいということです。
ただ、年会費が有料であるクレジットカードのメリットはかなり大きくないと年会費が無料のクレジットカードにしておいた方が無難でもあります。
年会費が有料のクレジットカードを持っている場合にはとにかくそのクレジットカードを積極的に利用しないとメリットは出てきません。

クレジットカードの審査が厳しい件に関して

私はクレジットカードで何度か失敗をしました。
一度借りるとまるで借りたお金が自分のお金の様な感覚になるのがクレジットカードの魔力みたいなものです。
私の様な考え自体が間違っているのは私自身も感じてはいるのですが、一度借りたらどんどんその金額は膨れ上がってしまいました。

そして、新しくクレジットカードを作成していくうちに、総量規制や、借り入れの申し込みブラックなどに登録され、大手のクレジットカードはその信頼がないがゆえに、ことごとく一次審査で落ちるといった結果になっていきました。
一度ブラックになってしまうと、どんな優良企業にいようと、審査の段階でほぼ落とされるのが常だと感じました。
もちろん、最初はきちんと返済をするつもりでお借りしたのですが、最初のうちはカード会社さんも是非にって感じでしたが、債務が膨れるにつれ、もちろんその時点で私の信用がないのはわかっていたつもりですが、申し込みをした時点で即お断りという結果に。

今ではインターネットを開けばカードローンやキャッシングのバナーは必ずと言っていいほど掲載されています。
しかしながら、その裏側では借りたくても審査が通らないといった私をはじめとする悩みを抱えた人々が裏側には存在しています。
借りれないから最後は闇金へと流れる方々も多数いらっしゃることと思います。
現に私もカード会社さんからすべて断られた後、闇金に手を出したこともあります。

もちろん、カード会社様も企業として利益を追求し、運営する事が大前提です。
しかしながら、機械的にお断りするのではなく、各個人の背景にある問題も含めカウンセリングをしながら、審査をして頂くことも時には必要があるのではと感じます。借りる人は何らかの理由があって借り入れをしているはずです。
ご改善はなかなか難しいかとは思いますが、審査の際にその様なセクションがあっても良いのかなと私なりにですが感じております。

奨学金返還の遅滞はクレジットカードが作れない!

初めてクレジットカードを作ったその時は審査がすんなりと通りました。
なので、クレジットカードは簡単に作れるものなんだなと当時は思っていました。
しかし、社会人になってからはその考えが逆転しました。

大学時代に奨学金を借りていて、社会人になってからは毎月1万5千円ほど返還しているんですが、引き落とし口座にお金を入れておくのをすっかり忘れてしまったことがあり、そのせいで3回ほど返還の遅滞をしてしまったんです。
そして、遅滞をしてしまってすぐ位の時期に新たにクレジットカードを作るために申し込みをし、審査結果を待っていました。
すると、審査が通らずに作れないというメールが届いたんです。
ネットで原因を調べてみると、奨学金返還の遅滞をすると、その人の個人情報がブラックリストに載ってしまうということでした。
まさに私はブラックリスト入りしてしまっていたから、クレジットカードを作れなかったんです。

それから3年が経ち、奨学金を遅滞することなく返還していたこともあり、新たにクレジットカードを作ることができました。
たったの3回返還を遅滞しただけでクレジットカードが作れないなんて、本当に審査が厳しいんだなと痛感しました。
今後も引き続き、遅滞せずに奨学金返還に努めていきたいと思います。

クレジットカード会社への転居の連絡はお早めに

お引越しの際にクレジットカード会社にも連絡をすると思いますが、連絡はぜひ早めにしてください。

私はクレジット会社に住所連絡したのが引っ越し当日で(いきなり決まったため)、連絡できませんでした。
また引っ越しをした時期が毎月ちょうど請求書が届く時期に加え、郵便局での転送も間に合わなったため、その月の請求書が来ませんでした。
当然払うことが出来ず、その後に催促ではがきが届いたのですが、通常のクレジットの請求料金に加え、はがきの郵送費や延滞手数料までかかりました。
毎月請求書に入っている案内や割引券も受け取ることが出来なかったので、本来よりお金もそうでない部分も損をしてしまいました。

クレジットカードの変更の連絡は、電話であれば当然平日の日中であってもつながりやすいとは言い難かったです。
待っていれば時間も通話料もかかります。しかしネットで変更できることもあり、そちらであれば一瞬で終わります。
引っ越しの際に変更の連絡が多いですが、クレジットカードも忘れずに変更の連絡をしてください。

クレジットとは信用のこと

日本でもクレジットカードの買い物が当たり前になってきました。
しかし、誰でもカードを手にすることができるわけではありません。
クレジットとはもともと「信用」という意味で、クレジットカードを持つためにはそもそも本人が「信用」できる人かどうかの審査が必要になります。

例えば、携帯電話の月賦販売などで、支払いが滞ってしまった場合などは、「信用」に傷がついてしまうことになります。
そうなると、クレジットカードを発行してもらおうという時にはデメリットになります。
全然別の話のように見えますが、「信用」できるかどうかの審査はそれくらいきっちりしているということです。

また、一度クレジットカードを取得できても、月々の支払いが滞ってしまった場合は、やはり「信用」できない人、ということになってしまいます。
2枚目以降のクレジットカードの取得はもちろん、最悪の場合今使っているカードが使えなくなってしまう、ということにもなりかねません。
このように、お金に関して「信用」できるかどうかは、情報機関が記録を持っています。
クレジットカードは便利なものですが、使いこなせるだけの金銭感覚が自分にあるのかどうか、しっかり見直す必要があります。

クレジットカードはマイナス金利時代の強い味方

先日、日本銀行が日本史上初のマイナス金利を導入すると発表したところ、政府・経済界・金融業界などで様々な議論が沸き起こり、未だにコンセンサスはおろか事態の沈静化が見えないと言った所です。
もちろん、私達一般の預金者についても、マイナス金利の影響が徐々に表れてきており、不安が広がっていますが、今となっては、それの長所・短所を冷静になって判断する必要に感じられます。

ただ、今回の金融政策の要点を考える限りでは、消費の喚起が重要な課題となるので、消費の主導的な役割を果たすクレジットカードに関していえば追い風が吹きつつあると感じています。
詳しい事を挙げると、クレジットカードの中には、ポイントの還元が大きく優遇されたり、利用実績に応じて手数料が割り引かれたりと言った風に、クレジットカードをしっかり使えば、普通預金はおろか、定期預金の金利を上回る優遇策が設けられつつあるのです。

もちろん、優遇策が設けられたからと言って、安易に衝動買いをして生活が成り立たなくなっては元も子もないのですが、生活をする上での必要経費(食費・電気料金・携帯料金等)をクレジットカード払いにする事によって、しっかりとポイントと言う名の金利が受け取れるのであれば、私達はマイナス金利時代をたくましく切り抜けていけると思います。