クレジットとは信用のこと

日本でもクレジットカードの買い物が当たり前になってきました。
しかし、誰でもカードを手にすることができるわけではありません。
クレジットとはもともと「信用」という意味で、クレジットカードを持つためにはそもそも本人が「信用」できる人かどうかの審査が必要になります。

例えば、携帯電話の月賦販売などで、支払いが滞ってしまった場合などは、「信用」に傷がついてしまうことになります。
そうなると、クレジットカードを発行してもらおうという時にはデメリットになります。
全然別の話のように見えますが、「信用」できるかどうかの審査はそれくらいきっちりしているということです。

また、一度クレジットカードを取得できても、月々の支払いが滞ってしまった場合は、やはり「信用」できない人、ということになってしまいます。
2枚目以降のクレジットカードの取得はもちろん、最悪の場合今使っているカードが使えなくなってしまう、ということにもなりかねません。
このように、お金に関して「信用」できるかどうかは、情報機関が記録を持っています。
クレジットカードは便利なものですが、使いこなせるだけの金銭感覚が自分にあるのかどうか、しっかり見直す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です