クレジットカードの審査で大切なこと

クレジットカードには審査があります。
申し込んでもそれに通らなければ使えないのです。
お金の貸し借りに関係したものですから、基本的には申し込んできた人のことをよく調べて、本当に信用できそうな人にしか提供しないのは無理もないことなのです。

ですからクレジットカードの審査も、決して簡単ではないのです。
ただし、だからといって審査に通るのは非常に難しい、とまでは言えません。
なぜならカード会社だって商売でカードを発行するのですから、一人でも多くの人にカードを所有してもらって顧客を増やしたいのが本音です。
しかし、いい加減な審査をして問題のある人にまでカードを発行したら、金融事故が増えてしまい商売あがったりになってしまうのは間違いありません。ですから審査は厳正に行うのです。
いずれにしてもカード会社もローン会社も、審査は、落としたくて落としているわけではありません。
何か問題がある人は、審査に通してあげたくても通せないのです。

クレジットカードの審査で落ちてしまう原因の1番多いのが申し込み用紙の記入漏れ、記入ミスで審査に落ちてしまう方が一番多いようですよ。
しっかり記入ができない、中置半端だと返済も中途半端になってしまう可能性があるからと考えられます。
そして申し込みをする場合は嘘偽りなく正直に記入することが大切です。
クレジットカード会社は信用機関とつながっていますので嘘を書いた所ですぐバレてしまいます。
それこそ信用問題になるのできちんと記入してください。
基本的にはどこのクレジットカード会社も審査する内容は同じです。
クレジット会社の審査基準として重要なのが安定的な収入と勤続年数、そして居住年数なのです。
どの項目に重きを置いているかはクレジットカード会社によっても異なります。
そしてそれぞれの項目に最低ラインというものが存在しています。
その最低ラインをクリアできなかった場合、例えば収入が高くても勤続年数が少ない、安定的でない等。
ほかのラインがクリアしていても審査を通過することはできないない可能性があります。
なので最近転職したばかり、引っ越したばかりの方は少し時間をおいて申し込んでみることをオススメします。
また支払いなど延滞した過去があったりする場合も遅れがなくきっちり支払いながら時間をおいてからの方が無難かと思います。
>>ブラックの人でも作れるクレジットカード

最近はクレジットカードの年会費は有料の方が普通であった時期から比べると年会費が無料のカードがずいぶんと増えてきました。
年会費が有料である場合と無料である場合と比べるとサービスに格差をつけていることが多いようです。
どちらのクレジットカードを選ぶかという観点から比べると年会費が有料のクレジットカードが年会費が無料のクレジットカードよりもどのくらいメリットがあるかで決まってきます。
クレジットカードを利用する人が年会費以上のメリットがあれば年会費が有料のクレジットカードを選べばいいし、年会費以上のメリットを感じられなければ年会費が無料のクレジットカードにすればいいということです。
ただ、年会費が有料であるクレジットカードのメリットはかなり大きくないと年会費が無料のクレジットカードにしておいた方が無難でもあります。
年会費が有料のクレジットカードを持っている場合にはとにかくそのクレジットカードを積極的に利用しないとメリットは出てきません。